家族信託専門士ってどんな資格?そもそも家族信託って何?

皆さんは、家族信託の計画設定を専門領域からカバーする「家族信託専門士」の存在をご存知でしょうか。恐らく、多くの方がご存じないかと思いますが、「家族信託専門士」ご家族の資産を守るために、大きな役割を果たす専門職です。

この家族信託専門士を理解するためには、まず家族信託について基礎的な理解を深めなければなりません。

そこで今回は、家族信託について解説を進めてから、家族信託専門士の役割をご説明しようと思います。

家族信託とは?

家族信託とは、信託法における民事信託のうち、信頼できる家族に財産を信託する行為を指しています。つまり、ご自身の財産の管理を特定の家族に任せてしまう制度です。

信託制度は歴史の長い制度ですが、これまでは法的な要件の影響で商行為を除いて使う機会が少なく、あまり家族間で使う言葉ではありませんでした。

ところが、2007年に信託法が改正されたことにより、個人財産の管理を家族に信託しやすくなります。

これにより家族信託は急速に広がりを見せ、認知症や障害、老齢により判断能力が低下した人の財産を、家族で協力しあって管理できるようになったのです。

それでは、家族信託の詳細は別項に譲るとして、家族信託専門士について見て行きましょう。

家族信託専門士とは?

家族信託専門士とは、これから家族信託を組成しようとするクライアントに対して、専門領域から判断・助言を行い、円滑な信託を進める専門職です。

家族信託を構成する際に必ず必要となる専門知識をフォローすることで、余分な負担を軽減する働きも担っています。

家族信託専門士が果たすべき役割

〇 信託組成における適切性の判断
〇 信託のスキームの立案
〇 信託契約組成に関わる見積書の作成
〇 信託契約書の作成実務
〇 公正証書作成支援、信託登記実務
〇 信託組成後の継続フォロー(信託監督人、受益者代理人など)

家族信託専門士のメリット

家族信託を検討する際は、家族信託専門士に助言を求めることが賢明です。

家族信託専門士は多くの専門知識を有している為、

家族信託専門士のメリット
〇 契約書や必要書類の準備や作成での助力が受けられる
〇 家族信託の内容に対する助言を受けることができる
〇 制度に対する不安や心配を解消できる

上記のような、複数のメリットを享受することができます。また、家族信託専門士は自身が後見人などに立つワケではないので、コスト的にも安く抑えることが可能です。

コメントを残す

*