みなし相続財産

   
You are here:
< Back

読み
みなしそうぞくざいさん
意味
被相続人の財産ではないにも関わらず、相続財産と見なされ、相続税の課税対象となる財産のことをいう。生命保険金や死亡退職金、弔慰金や終身年金などの定期金、被相続人の死亡前3年間で贈与された財産などが該当する。遺産分割の対象とならない点や、相続放棄をしても取得できる点などにおいて、本来の相続財産とは異なる。
生命保険で相続税控除の方法やメカニズムを徹底解説!

気になる用語を検索できます。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。