みなし相続財産

You are here:
< Back

読み
みなしそうぞくざいさん
意味
被相続人の財産ではないにも関わらず、相続財産と見なされ、相続税の課税対象となる財産のことをいう。生命保険金や死亡退職金、弔慰金や終身年金などの定期金、被相続人の死亡前3年間で贈与された財産などが該当する。遺産分割の対象とならない点や、相続放棄をしても取得できる点などにおいて、本来の相続財産とは異なる。
生命保険で相続税控除の方法やメカニズムを徹底解説!

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

生命保険

次の記事

死亡退職金