不動産取得税

You are here:
< Back

読み
ふどうさんしゅとくぜい
意味
土地や家屋の取得があったとき、不動産所在の都道府県がその不動産を購入した法人、個人に課す租税のことをいう。改築によって家屋の評価価格が増加した場合も取得と見なされる。不動産の取得の時期は、契約内容などから総合的に判断し、所有権が移転したと客観的に認められる時期を指す。標準税率は取得時の不動産価格の4%である。
特別縁故者相続における財産分与時の譲渡所得の扱い

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

一親等血族

次の記事

不法行為