不動産鑑定

You are here:
< Back

読み
ふどうさんかんてい
意味
専門家である不動産鑑定士が、対象の不動産の不動産鑑定評価額を決めることをいう。その地域の調査や、不動産そのものを評価することで結果を得る。不動産鑑定の売買、不動産による財産分与、不動産の相続、贈与が行われるときなどに鑑定する。不動産鑑定は、主に「収益還元法」、「取引事例比較法」、「原価法」のいずれかによって行われる。
相続について考えるなら、不動産鑑定をしたほうがいい?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

信託報酬

次の記事

信託業法