不法行為

You are here:
< Back

読み
ふほうこうい
意味
違法に他人に損害を与える行為のことをいう。不法行為者は被害者に対して、損害を賠償する義務を負う。不法行為は一般に過失責任の原則がとられるが、その他、不法行為者が無過失の立証をしない限り不法行為の成立を認めたり、無過失責任を認めたりする場合がある。また不法行為者本人以外の使用者や監督義務者などが、賠償義務を負う場合もある。
相続財産を守るための強力な方法とは?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

不動産取得税

次の記事

相続欠格