伝染病隔離者遺言

You are here:
< Back

読み
でんせんびょうかくりしゃゆいごん
意味
遺言者が一般社会との交通を断たれ、普通方式による遺言ができない場合に認められる方式である「隔絶地遺言」の中でも、伝染病などによって行政処分で交通を断たれた場所にいる場合に認められる遺言方式のことを指す。民法によって、警察官1人および証人1人以上の立ち会いが必要であるなどの要件が定められている。「一般隔絶地遺言」とも呼ばれる。
遺言の種類はどんなものがある?それぞれの特徴解説!

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

在船者遺言

次の記事

収益物件