再調達原価

You are here:
< Back

読み
さいちょうたつげんか
意味
売り手と買い手の市場が分けられている場合に、市場価格となる時価に購入するための費用をプラスしたもののことをいう。具体的には、土地の取得原価や造成費用、建築費用などが当てはまる。不動産鑑定手法の1つである「原価法」では、再調達原価に対して減価修正を行い、対象となる不動産の試算価格(積算価格)を割り出す。
誰もが悩む不動産相続!鑑定方法ってどんなもの?法律は?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

還元利回り

次の記事

収益還元法