利益相反行為

   
You are here:
< Back

読み
りえきそうはんこうい
意味
ある行為により、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為のことをいう。他人の利益を図るべき立場にありながら、自己の利益を図る行為が典型的な例であり、利益を図るべき他人に対する義務違反になる場合が多い。相続においては、民法の利益相反行為の規定により、遺産分割におけるさまざまな行為が利益相反行為と見なされる。
相続に関する依頼を専門家に拒否されたらどうすればいい?

気になる用語を検索できます。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。