利益相反行為

You are here:
< Back

読み
りえきそうはんこうい
意味
ある行為により、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為のことをいう。他人の利益を図るべき立場にありながら、自己の利益を図る行為が典型的な例であり、利益を図るべき他人に対する義務違反になる場合が多い。相続においては、民法の利益相反行為の規定により、遺産分割におけるさまざまな行為が利益相反行為と見なされる。
相続に関する依頼を専門家に拒否されたらどうすればいい?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

地目

次の記事

勝訴