印鑑代

You are here:
< Back

読み
いんかんだい
意味
法的には支払い義務はないが、物事を円滑に進めるため、承諾を要する相手側に支払う金銭のことをいう。相続では一般的に、遺産分割協議書に署名、捺印してもらうために支払う金銭を指す。金額は10~30万円程度の寸志相当の金額から、法定相続分の半分(遺留分相当分)程度を提示するのが一般的である。「判子代」とも呼ばれる。
相続における“印鑑代”って何?概要や金額を解説します

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

勝訴

次の記事

家業