印鑑代

   
You are here:
< Back

読み
いんかんだい
意味
法的には支払い義務はないが、物事を円滑に進めるため、承諾を要する相手側に支払う金銭のことをいう。相続では一般的に、遺産分割協議書に署名、捺印してもらうために支払う金銭を指す。金額は10~30万円程度の寸志相当の金額から、法定相続分の半分(遺留分相当分)程度を提示するのが一般的である。「判子代」とも呼ばれる。
相続における“印鑑代”って何?概要や金額を解説します

気になる用語を検索できます。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。