危篤

You are here:
< Back

読み
きとく
意味
病状や様態が非常に重く、命が危険な状態のことをいう。命にかかわるほどの重い病気、負傷を負っていることを「重体」というのに対し、危篤は死の瀬戸際をさまよっているもっとも危険な状態を指す。もちろん死亡することが決まっているわけではなく、危篤状態から病状や様態を回復させる者もいるが、今にも死を迎えようとする状態にある場合を指すことが多い。
遺言の種類はどんなものがある?それぞれの特徴解説!

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

疾病

次の記事

死亡危急時遺言