収益還元法

You are here:
< Back

読み
しゅうえきかんげんほう
意味
不動産価格の評価方法の1つ。不動産の収益性に着目し、その不動産から将来得られるべき価値を現在価値に割引して計算する。1期間の純利益(総収益から総費用を控除した残額)を還元利回りで還元し、価格を求める「直接還元法」と、連続する複数の期間の純利益と復帰価格(将来の転売価格等)を現在価値に割引し、合計して価格を求める「DCF法」の2種類がある。
誰もが悩む不動産相続!鑑定方法ってどんなもの?法律は?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

再調達原価

次の記事

原価法