取引事例比較法

You are here:
< Back

読み
とりひきじれいひかくほう
意味
不動産鑑定評価の1つ。取引事例情報を元に、対象不動産の試算価格を求める方法である。この方法では、多数の取引事例を収集して適切な事例を選び、取引の特殊事情や時期の修正を行い、取引事例の個別的要因を標準補正し、さらに地域格差などを比較して価格を求める。このようにして求められた試算価格を「比準価格」という。
誰もが悩む不動産相続!鑑定方法ってどんなもの?法律は?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

執行者

次の記事

還元利回り