固定資産評価額

   
You are here:
< Back

読み
こていしさんひょうかがく
意味
固定資産税の課税の基準となる土地、建物の評価額のことをいう。自治大臣が定める固定資産税評価基準に沿って個別物件を調査し、市町村長が決定する。土地については、過去の売買事例を中心に計算し、建物は現在建っているものと同じものを新たに造り直すものと想定し、両者とも現状との格差を勘案して弾き出す。3年ごとに評価替えが行われる。

気になる用語を検索できます。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。