境内地

   
You are here:
< Back

読み
けいだいち
意味
神社、寺院、教会などの宗教施設が占有している土地のことをいう。宗教法人法第3条第2号および第3号に掲げる境内地には、本殿、拝殿、本堂、参道などがあり、他にも布教活動を行うための建物や、工作物が建っている土地が該当する。簡単に言えば神社や寺院、教会の敷地ということになるが、実際には地目が境内地であるかどうかの判断は、困難を伴う場合がある。
相続する可能性がある“特殊な土地”にはどんなものがある?

気になる用語を検索できます。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。