境内地

You are here:
< Back

読み
けいだいち
意味
神社、寺院、教会などの宗教施設が占有している土地のことをいう。宗教法人法第3条第2号および第3号に掲げる境内地には、本殿、拝殿、本堂、参道などがあり、他にも布教活動を行うための建物や、工作物が建っている土地が該当する。簡単に言えば神社や寺院、教会の敷地ということになるが、実際には地目が境内地であるかどうかの判断は、困難を伴う場合がある。
相続する可能性がある“特殊な土地”にはどんなものがある?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

雑種地

次の記事

水道用地