境界

You are here:
< Back

読み
きょうかい
意味
法的には、不動産登記された土地の地番と地番の境目のことをいい、これは「筆界」とも呼ばれる。一般的には、自身が所有する土地と他人の土地との境目(隣地境界)、ならびに道路との境目(道路境界)の意味として使うことが多い。一戸建てや土地の売買の際には、取引する土地の範囲はどこなのかという点を明確にする必要がある。
相続税の物納は、金銭で納めるよりも得になるのか?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

担保権

次の記事

譲渡所得