家業

You are here:
< Back

読み
かぎょう
意味
その家の生計を立てるための職業のことをいい、多くは自営業のことを指す。また、代々その家に伝わってきた職業、世襲的に承継していく技術や才能のことを指す場合もある。被相続人の生前に家業を手伝っていた相続人は、他の相続人との話し合いによって権利を主張し、すべての相続人との合意に至った場合、寄与分が認められる。
相続における“印鑑代”って何?概要や金額を解説します

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

印鑑代

次の記事

審判