家督相続

You are here:
< Back

読み
かとくそうぞく
意味
明治31年から昭和22年までの間に施行されていた旧民法による遺産相続方法のことをいう。被相続人である戸主が亡くなった場合には、兄弟が何人いようと必ず長男が1人ですべての遺産を継承、相続するのが原則とされていたものである。ただ時代とともに、独占的な相続は相応しくないという考えが生まれ、現在では利用されていない。
どうして課税される!?相続税が持つ3つの社会的役割とは?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

法定相続分課税方式

次の記事

疾病