寄与分

You are here:
< Back

読み
きよぶん
意味
遺産相続の際に、相続人が被相続人の財産の維持または増加に対して、労務の提供や療養看護などによる特別の寄与をした場合に付加される相続分のことをいう。なお寄与分は相続分の修正であり、寄与者は相続人であることを前提にしている。したがって、愛人や内縁の妻、長男の妻などは、いくら寄与しても寄与分は認められない。

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

配偶者居住権

次の記事

路線価