審判

You are here:
< Back

読み
しんぱん
意味
相続においては、「遺産分割審判」のことを指す。相続人間で遺産分割の方法について争いがある場合に、家庭裁判所で行う裁判手続きのことをいう。遺産分割協議が難航したときに行われる調停においても、争いの決着がつかない場合、審判手続きに移行する。基本的には、裁判官が遺産分割の方法について、一方的に判断を下すための手続きである。
相続における“印鑑代”って何?概要や金額を解説します

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

家業

次の記事

葬儀