審理

You are here:
< Back

読み
しんり
意味
遺産分割審判の対象となる事実関係、および法律関係を裁判所が取り調べ、明らかにすることをいう。単に、遺産分割審判が行われる場のことを指す場合もある。遺産分割調停による話し合いと、遺産分割審判における審理は、一例で平均計10回程度行われるが、長期化すればその倍ほど行われることもあり、長期化すればするほど、法定相続分に従って財産を分けることになる可能性が高くなる。
相続における調停、審判が終わるまでにかかる期間は?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

調停期日

次の記事

内縁の妻