小規模宅地等の特例

You are here:
< Back

読み
しょうきぼたくちとうのとくれい
意味
個人が相続または遺贈によって取得した財産のうち、その相続の開始直前において、被相続人等の事業の用に供されていた宅地等、または被相続人等の居住の用に供されていた宅地等のうち、一定の選択をしたもので限度面積までの部分については、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、一定の割合が減額される。この制度を小規模宅地等の特例という。
相続発生後でも大丈夫!~まだ間に合う相続税対策!~

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

税理士

次の記事

納税猶予特例