広大地

You are here:
< Back

読み
こうだいち
意味
その地域における標準的な宅地の地積に比して、著しく地積が広大な宅地のことをいう。また国税庁は上記に加えて、「都市計画法第4条第12項に規定する開発行為を行うとした場合に、公共公益的施設用地の負担が必要と認められるもの」と定義している。ただ、広大地と判断されるか否かの基準となる具体的な面積は、明示されていない。
納め過ぎに注意!相続税の還付金は平均1000万円超

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

不動産鑑定士

次の記事

相続時精算課税