所得税法

You are here:
< Back

読み
しょとくぜいほう
意味
広義の所得に対する税のうち、個人の所得に対する税金について定めた法律のことをいう。内容としては、所得税の納税義務者、課税所得の範囲、税額の計算の方法、申告、納付および還付の手続き、源泉徴収に関する事項ならびにその納付義務の適正な履行を確保するために、必要な事項が規定されている。日本では、1887年に導入された。
特別縁故者相続における財産分与時の譲渡所得の扱い

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

遺贈

次の記事

一親等血族