採草放牧地

You are here:
< Back

読み
さいそうほうぼくち
意味
農地以外の土地で、主として耕作または養蓄の事業のための採草、または家畜の放牧の目的に供されるもののことをいう。採草とは、肥料や飼料、またはこれらの原料にする草や落ち葉を採取することを指す。農地法上の土地の区分であり、不動産登記法上の土地の区分ではない。また採草放牧地であるかどうかは、その土地の現況で判断する。
家族信託は現金以外にどんな財産を信託できるの?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

換価分割

次の記事

農地法