旗竿地

   
You are here:
< Back

読み
はたざおち
意味
敷地全体の形状を旗と旗竿になぞらえた土地のことをいう。接道の間口が狭い通路部分の奥に有効宅地部分があり、通路部分は宅地であるが、建物は建てられない。大都市部に多い形状の土地であり、自治体によって非常用入口や消防法の関係等で、3階建てが建てられないなどの建築規制が定められている。「路地状敷地」とも呼ばれる。
納め過ぎに注意!相続税の還付金は平均1000万円超

気になる用語を検索できます。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。