旗竿地

You are here:
< Back

読み
はたざおち
意味
敷地全体の形状を旗と旗竿になぞらえた土地のことをいう。接道の間口が狭い通路部分の奥に有効宅地部分があり、通路部分は宅地であるが、建物は建てられない。大都市部に多い形状の土地であり、自治体によって非常用入口や消防法の関係等で、3階建てが建てられないなどの建築規制が定められている。「路地状敷地」とも呼ばれる。
納め過ぎに注意!相続税の還付金は平均1000万円超

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

相続時精算課税

次の記事

非課税枠