法定相続分課税方式

   
You are here:
< Back

読み
ほうていそうぞくぶんかぜいほうしき
意味
遺産取得課税方式を基礎とした課税方式で、法定相続分の相続額で相続税を計算する方式のことをいう。遺産分割の方法によって相続税が変化するという点を、法定相続分で分割したと見なして、相続税の総額を算出する。この方式で相続税を計算する場合、たとえ遺産分割の方法が違っても、遺産と法定相続人が同様であれば、相続税の総額は変わらない。
どうして課税される!?相続税が持つ3つの社会的役割とは?

気になる用語を検索できます。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。