法定相続分課税方式

You are here:
< Back

読み
ほうていそうぞくぶんかぜいほうしき
意味
遺産取得課税方式を基礎とした課税方式で、法定相続分の相続額で相続税を計算する方式のことをいう。遺産分割の方法によって相続税が変化するという点を、法定相続分で分割したと見なして、相続税の総額を算出する。この方式で相続税を計算する場合、たとえ遺産分割の方法が違っても、遺産と法定相続人が同様であれば、相続税の総額は変わらない。
どうして課税される!?相続税が持つ3つの社会的役割とは?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

政令

次の記事

家督相続