減税

You are here:
< Back

読み
げんぜいく
意味
法律の改正によって、税負担額を減少させることをいう。免税点や諸控除の引き上げ、税率の引き下げなどによって行われるものを「一般減税」、特定の所得を課税の対象から除くなど、特定の者にのみ利益を与えるものを「政策減税」という。第二次世界大戦後、日本においてもっとも頻繁に実施された減税は、所得税や個人住民税の一般減税である。
遺言で減税は可能なのか?相続対策として実用的な節税とは?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

隠匿資産

次の記事

現況地目