相続欠格

You are here:
< Back

読み
そうぞくけっかく
意味
相続人となるべき者が法定の非行を行った場合、法律上、当然にその相続資格を失うことをいう。欠格事由には、被相続人または相続について先順位または同順位にある者を殺害した、もしくは殺害しようとして処刑された場合、詐欺、強迫によって被相続人の遺言を妨げたり遺言させたりした場合、被相続人の遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿した場合などがある。
相続財産を守るための強力な方法とは?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

不法行為

次の記事

相続廃除