相続法

   
You are here:
< Back

読み
そうぞくほう
意味
相続に関する事項を規律する法規の総体を指し、その主なものは民法第5編相続に定められている。時として遺言法と対置させ、人の死亡により一定の親族が法律上当然に遺産を承継する、狭義における相続関係を規律する法のみを指すこともあるが、一般には遺言による相続をも含め、人の死亡を原因とした財産の承継に関する一切の法をいう。
38年ぶりに改定された相続法で、相続はどう変わる?

気になる用語を検索できます。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。