税理士

You are here:
< Back

読み
ぜいりし
意味
税理士法に基づいて、他人の求めに応じ所得税、法人税、相続税、贈与税、事業税、市町村民税、固定資産税等の税に関し、申告等の税務代理や、財務書類の作詞、税務相談の事務を行うことを職業とする者のことをいう。弁護士、公認会計士にはその資格があるが、その他の者は税理士試験に合格することで資格を得る。旧法では「税務代理士」と呼ばれていた。
相続発生後でも大丈夫!~まだ間に合う相続税対策!~

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

路線価

次の記事

小規模宅地等の特例