納税猶予特例

You are here:
< Back

読み
のうぜいゆうよとくれい
意味
農地を相続したまたは贈与された後継者に対して、農地にかかる相続税または贈与税の納税を猶予する制度のことをいう。後継者が農業を継続することや、農業を行う者に農地を貸し出すことが適用の条件となる。贈与税に対する特例と相続税に対する特例があるが、これらは一体の制度となっており、農地の次世代への早期移転を促進する目的がある。
相続発生後でも大丈夫!~まだ間に合う相続税対策!~

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

小規模宅地等の特例

次の記事

農地