美術品

You are here:
< Back

読み
びじゅつひん
意味
絵画、彫刻、工芸などの美術作品のことをいう。一般的には、審美的な価値を価格の対象とし、取引対象となり得るものが該当する。相続においては、被相続人の相続財産に、美術品が含まれているケースがあり、「売買実例価額」もしくは「精通者意見価額等」のいずれかの基準を使って評価が行われる。ここでいう精通者とは、美術品の専門家のことを指す。
相続の際には注意!どうやって相続するのかを考えよう!

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

収益物件

次の記事

債権者