自筆証書遺言

You are here:
< Back

読み
じひつしょうしょゆいごん
意味
民法で規定されている、普通方式の遺言の1つ。遺言者本人だけで作成できる遺言書である。遺言の全文と日付を遺言者が自筆で書き、署名捺印する。ワープロや代筆、録音等によるものや、日付、訂正方法など書式に不備があるものは、効力を発揮しない。遺言を執行する際は、家庭裁判所の検認を受ける必要がある。「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」と区別される。
38年ぶりに改定された相続法で、相続はどう変わる?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

遺産分割

次の記事

配偶者