調停

You are here:
< Back

読み
ちょうてい
意味
相続において、家族などの身内と相続財産の分割方法について協議をしたものの、合意に至らない場合に利用できる制度のことをいう。各相続人は裁判所の調停委員を介して、自身の相続財産の取り分を主張する。裁判所が間に入ることで、遺産分割協議でまとまらなかった話し合いをスムーズに解決することが目的である。「遺産分割調停」とも呼ばれる。
被相続人の財産を着服されてしまった場合の対処法について

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

不当利得返還請求

次の記事

成年後見支援信託制度