農地法

You are here:
< Back

読み
のうちほう
意味
耕作者の地位の安定と、農業生産力の増進を目的に、農地の所有や利用関係の仕組みを定めた法律のことをいう。1952年に施行された。農地の売買や相続による所有権の移転、貸借、転用などのことについての制限が規定されている。2009年に施行された改正法では、転用規制の厳格化や貸借による農地の権利移動の規制緩和などが行われた。
家族信託は現金以外にどんな財産を信託できるの?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

採草放牧地

次の記事

有価証券