長子相続

You are here:
< Back

読み
ちょうしそうぞく
意味
直系卑属にあたる長子(一般的には長男)が相続するという形態のことをいう。前近代社会では、相続によって継承されるものは個人的な私有財産ではなく、家産であると考えられており、相続の第一目的は直系家族の維持(家の存続)であるとされ、それにもっとも適合的だったのが、親との年齢差がもっとも少ない長子が相続する形態であった。
内縁の妻に相続して欲しい!どうすればいいのか?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

内縁の妻

次の記事

遺族補償年金