限定相続

You are here:
< Back

読み
げんていそうぞく
意味
相続によって得たプラスの財産の限度において、被相続人の債務などのマイナスの財産を相続することをいう。プラスの財産をもって債務などを弁済した後、余りが出ればその分は相続できる。相続人が負債を相続したくない場合に使用される方法であるが、近年はそれほど多用されていないと言われる。「限定承認」とも呼ばれる。
手続きなしはとっても危険!相続財産はどうなるの?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

口座凍結

次の記事

二次相続