預金保護制度

You are here:
< Back

読み
よきんほごせいど
意味
万が一金融機関が破綻した場合に、預金者等の保護や資金決済の履行の確保を図ることによって、信用秩序を維持することをいう。当制度により、当座預金や利息の付かない普通預金等は全額保護される。定期預金や利息の付く普通預金等は、預金者1人当たり、1金融機関ごとに合算され、元本1,000万円までと破綻日までの利息が保護される。
後見支援信託制度とは?成年後見人は拒否できるの?

気になる用語を検索できます。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

前の記事

信託銀行

次の記事

家族信託