相続財産の評価とは?時期や評価方法を解説!

   

皆さんは遺産相続時に問題となる「相続資産の評価」についてどの程度ご存知でしょうか。

「相続資産の評価ってどうやるの?」
「どんな時に評価すべき?」
「そもそも遺産評価ってなんなの?」

色々な疑問が生じるかと思います。今回はこれらを中心にその概要を解説。遺産評価の実態をお伝えします。

相続財産の評価とは?

相続財産はそれぞれの性質に従って、具体的な価格を評価しなくてはなりません。被相続人の資産が全て現金なら問題は生じませんが、現実の資産はそのように一様ではありません。

不動産や有価証券、ゴルフ会員権・貴金属や芸術品など様々な形態で存在します。相続財産の評価とは、これらを「お金に例えるといくらの価値なのか?」を定める行為です。

相続人にはそれぞれ相続分が定められていますから、まずはいくらなのか確定させなければ、平等な分割が出来ないというワケです。

相続財産の評価はいつやるべき?

相続財産の評価タイミングは、以下の3パータンが中心です。順番にその理由を解説しますので、確認してみましょう。

〇 遺産分割協議時
〇 相続税の計算時
〇 特別受益や寄与分による修正

相続分は遺産分割協議時に計算する

遺産分割協議とは相続人同士が、「被相続人の資産をどう振り分けよう」と話し合う行為です。おおざっぱですが、例えば「兄が住宅と生命保険金を、残りの現金を弟が受け取る」といった具合の内容です。

ところが、現金は「1000万円は1000万円の価値」とハッキリしていますが、不動産である土地や建物の場合、この原則は通用しません。

土地は周辺設備などの要因により変動し、建物は年々価値が減少する性質を持っているからです。

遺産分割協議では、こうしたトラブルを避けるために「協議時の評価額」を基準にすると定めています。分割協議の場合は、これが最も合理的と考えられるからです。

相続税は相続開始時に計算する

これに対して、相続税は基本的に「相続開始時の評価額」で課税基準を定めます。つまり相続が行われた時点での時価で判断を行い、課税額が決定するというワケですね。

相続税も、評価タイミングが決まっていなくては大変なことになります。

例えば、「不動産の価値が低い時に分割協議を進めて脱税しよう!」と考える人が出てきたらどうでしょう。自分たちの都合で評価タイミングが変動しては、国の制度として成り立ちません。

その他の修正事項

相続財産の評価は、特別受益や寄与分による修正が発生した時も行います。

ただし、このあたりはかなり高度な領域になるため、専門家への相談をオススメします。

円満な相続を実現するためにも、注意したい部分です。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 

こんな記事も読まれてます