相続において税理士の必要性は?自分では申告できないの?

   

相続税の納税を税理士に依頼する方の多くは、

〇 税制についてよくわからない
〇 納めるべき相続税を節税したい
〇 申告ミスを防ぎたい

上記の様な理由から、税理士に依頼を出しているかと思います。

ただ、これから相続税を納めようという方の中に「税理士の必要性って本当にあるの?」と感じている方も少なくないのもまた事実。

そこで今回は、税金を納める時にお世話になる、税理士の必要性について解説を進めようと思います。

相続税の納税は自分でできないの?税理士の必要性とは?

そもそも納税は自分自身で行うものですから、本来は税理士のお世話にならずとも納税できるはず。このように感じている方も少なくないかと思います。

実際、経営者や個人事業主の方の中には、確定申告を税理士に頼まずご自身で行っている方も少なくありません。

ところが、相続税に限っては話が別。相続税は計算が非常に難しく、専門家の知識がなくては大変なリスクが生じます。

また、相続税は人生において数回経験すれば多い方で、所得税のように毎年納税する必要のあるものではありません。

相続税の申告額にミスが生じると、手間が増えるばかりか追加の納税を求められることも。結論として、自己の納税は不可能ではないにせよ、困難が伴うものと考えられます。

税理士が果たすべき役割とメリット

相続税の申告において、税理士は非常に大きな役割を果たします。

相続税の課税対象となる財産を整理し、正しく計算することで申告ミスを防ぐだけでなく、様々な専門知識を駆使して納めるべき税金を「節税」することにも長けています。

また、相続税には様々な控除・減免制度が存在するので、これらの知識を幅広く網羅した税理士がいると非常にお得な納税が期待できます。

税理士に依頼することで得られるメリット
〇 申告ミスを防ぎ正しい税額を導き出す
〇 専門知識による「節税」ノウハウ
〇 様々な控除・減免制度の活用

相続税に強い税理士を!

ただし、相続税は税金の中でも非常に難易度が高く、「全ての税理士が正しい知識を備えている」とは言い切れません。

実際、過去に税額計算のミスを犯し、追徴課税を求められることになった依頼者も。相続税は対象財産の金額が非常に大きく、申告ミスは財産に著しい毀損をもたらします。

そのため、相続税の納税を任せる税理士を選ぶ時は、「相続税に強い税理士」を頼ることをオススメします。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 

こんな記事も読まれてます