簡易保険の特約還付金は、相続税の対象財産となるのか?

 
Warning: Use of undefined constant ‘single_upper’ - assumed '‘single_upper’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/abundanceinc/www/wp2/wp-content/themes/lightning/single.php on line 25
 

生命保険にも色々なものがありますが、今回は簡易保険について見て行こうと思います。

簡易保険は亡くなった時に「特約還付金」が支払われる契約です。しかし、相続税法上、通常の生命保険と異なった扱いを行う場合もあります。

簡易保険への加入が明らかになった場合、対象財産の扱いはどのような部分に注意する必要があるのか。クローズアップして見て行きましょう。

特約還付金とは?

簡易保険は終身型の積み立て保険です。

そのため、保険期間を通じて保険金を積み立てて行く形になります。また、この際に契約期間中に特約に基づく積立部分の返還が生じた場合(死亡や解約など)、積立金の一部を返還が行われます。

一般的には、これを特約還付金と言います。

特約還付金は相続税の課税対象である

相続税法上、特約還付金も相続税の課税対象財産として扱われます。

ただし、簡易保険の還付金は「被保険者の代わりに受け取る」と意味合いが強く、一般的な生命保険金と異なり、「非課税枠」の適用ができません。

つまり、一般的な生命保険で得られる「500万円 × 被相続人の数」の適用ルールが、簡易保険の財産の場合は対象外となるワケです。

遺産分割の対象資産になる

簡易保険の還付金は、遺産分割の対象資産です。

過去のコラムにて「生命保険は受取人固有の財産」と説明してきましたが、簡易保険の還付金については、「被保険者本人に代わって受け取る」性質を有しています。そのため、受取人固有の資産ではなく、みんなで分割すべき相続対象の財産と考えられています。

相続人が2名以上いる場合は、当然遺産分割協議により分配することになるでしょう。

簡易保険は見逃されやすい

簡易保険は本人への支払いを前提としているため、相続人の立場では見逃してしまいやすい資産です。

特に本人が簡易保険について触れていない場合、分割協議がまとまったあとにタンスの奥から出てきた…なんてことも。

実は郵便局員も詳しくない

簡易保険は、郵便局の商品が有名です。

しかし、簡易保険は郵便局が提供しているサービスの中でも専門性が高く、局員全員が知識を有しているとは限りません。

通帳などキャッシュフローの中に違和感を感じた時や、簡易保険の還付金の支払いで困った時は、専門家や専門機関へ相談するのも1つの手です。

相続は人間である限り誰しも起きる事案ですが、何度も経験する方は極めて少なく、一度きりの対処が明暗を分けます。

相続制度に則った、トラブルのない相続を目指したいところですよね。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 
Warning: Use of undefined constant ‘single_lower’ - assumed '‘single_lower’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/abundanceinc/www/wp2/wp-content/themes/lightning/single.php on line 30

こんな記事も読まれてます