相続税における土地・建物の財産の評価方法とは?

 
Warning: Use of undefined constant ‘single_upper’ - assumed '‘single_upper’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/abundanceinc/www/wp2/wp-content/themes/lightning/single.php on line 25
 

相続を考える時、常に民法上の問題(遺産分割協議など)と、税法上の問題(相続税や贈与税など)を別々に置くことが大切です。

土地・建物についても例外ではなく、財産をどう分けるかとは別に、相続税がいくらかかるのかにも注意しなくてはなりません。
(もちろん、誰がどのように財産を相続するかにより、控除や減免制度に違いが出ることもあるので、全くの無関係とは言えませんが…)

今回は、相続の中でも重要な土地・家屋などの不動産について、相続税法上の財産評価方法を解説しようと思います。

土地の評価方法

土地の評価方法は、路線価方式と倍率方式に分類されます。

どちらがも国税庁が詳細を記しているので、興味がある方はそちらをご参照下さい。ここでは概説のみ記載しようと思います。

路線価方式とは?

路線価とは、毎年7月に国税局・税務署が発表する土地の財産評価額です。

道路に面する標準的な宅地の値段を指しており、一㎡単位で表記されます。

この方式は、基準となる路線価に土地の形状などの補正を加えたあとに、面積を乗じて算出するシステム。

具体的には下記の式が適用されます。

路線価方式で用いる式

正面路線価 × 価格補正率 × 面積 = 路線価方式評価額

路線価は定められている土地とそうでない土地がありますが、定められている土地はこの方式で算定します。

倍率方式とは?

倍率方式は、路線価が定められていない土地に対して適用する制度です。

固定資産税評価額に一定の倍率を乗じて計算するので、この方式の金額を知る時は市区役所や町村役場での確認・または固定資産税評価額の把握が必要となります。

倍率方式の計算式

固定資産税評価額 × 地域倍率(国税庁が決定) = 倍率方式評価額

なお、路線価図や評価倍率表は、国税庁ホームページで閲覧できます。

注:平成30年度の路線価図等を表記した国税庁のリンクです。ウェブサイトに掲載すると親切かなと思います。
https://www.rosenka.nta.go.jp/

家屋の評価方法

相続税法上、家屋は固定資産税評価額に1.0倍を乗じて算出します。

1.0倍はそのままなので、記事発表時点では「固定資産税評価額がそのまま家屋の相続税の財産評価方法」です。

固定資産税評価額 × 1.0 = 家屋の相続税評価額

なお、賃貸されている土地や家屋については、権利関係に応じて評価額が調整されます。また、相続した物件が事業や居住などの用途に使用され知恵る場合、評価額の一定割合を減額する特例もあります。

気になる方は専門家や専門機関へのご相談をオススメします。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 
Warning: Use of undefined constant ‘single_lower’ - assumed '‘single_lower’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/abundanceinc/www/wp2/wp-content/themes/lightning/single.php on line 30

こんな記事も読まれてます