家族円満!【相続】トラブルを防ぐための9つの防止策とは

 
Warning: Use of undefined constant ‘single_upper’ - assumed '‘single_upper’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/abundanceinc/www/wp2/wp-content/themes/lightning/single.php on line 25
 

家族関係の疎遠化に伴い、相続トラブルに巻き込まれるご家庭が増えています。

「ウチには争うような財産は無いから大丈夫」とお考えの方もいらっしゃいますが、実際に財産が全く残らないご家庭は非常に稀。

また、親の気付かないところで、兄弟間に溝が生まれているケースも少なくありません。

そこで今回は、相続トラブルを防ぐための〇つの防止策を紹介。事前にトラブルの芽を摘み、円満過程を目指しましょう。

防止策1:遺言を書いておく

遺言は法的な効力をもつ大切な書類です。

遺産は言わば「持ち主のいない財産」であり、そのまま放置することは争いの火種でしかありません。遺言はこの財産が誰のものなのかを決める、最後の意思。

財産の帰属先を定めることで、争いを防ぐことが可能です。

防止策2:家族会議を開く

最もお手軽かつ円満に解決する方法です。

ご自身が元気なうちに会議を開き、誰が財産を継ぐのかハッキリさせておきましょう。遺言と違いお互いが議論を重ねることもできるため、家族全員が納得しやすい方法です。

防止策3:遺留分に配慮する

遺留分は、相続トラブルが熾烈になる原因の1つです。

特に遺言で「特定の誰かに相続させたいorさせたくない」と記す場合、この問題を避けて通ることはできません。

もっとも、あまりにも偏った内容の遺言自体、トラブルを招く要因です。特定の人物に気持ちがある場合も、遺留分に配慮した相続を行うべきです。

防止策4:不動産に注意する

相続トラブルの大部分は、不動産により生じています。

金銭や有価証券は相続分に応じて分割できるものの、不動産はそう簡単にはいきません。

特に持分の共有は次の代まで争いが及ぶ原因なので、現金資産を増やすなどの対策を講じることをオススメします。

防止策5:元配偶者の子などの整理を付ける

元配偶者との間に生まれた子にも、相続権はあります。

もちろん、この権利は今の家族にとって好ましい要素ではありません。と言って、元配偶者の子が自身の権利を手放すとは限りません。

こうした事情を無視したままでいると、のちのち大きなトラブルに見舞われることも。隠し子など、今の家族が知らない事情に関しても同様です。

こうした問題に整理を付けることも、トラブル防止策の1つです。

防止策6:専門機関を利用する

最近は相続を得意とする専門家や専門機関も増えており、積極的に活用する方が増えています。

一般的な法律相談は、相続の法制度に対する相談を受け付けるだけで、個別の事情に深く踏み込むことはありません。

しかし、多くの事例を手掛けてきた専門機関は、過去の事例や実績に基づき、ご自身にとっての最適解を導いてくれる組織です。

困った時は、専門機関へ相談してみるのも良いでしょう。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 
Warning: Use of undefined constant ‘single_lower’ - assumed '‘single_lower’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/abundanceinc/www/wp2/wp-content/themes/lightning/single.php on line 30

こんな記事も読まれてます