遺言の種類ってどう違う?有効性を保つため条件を紹介!

   

少し難儀な話ですが、ご自身が遺した遺言の「有効性」が問われた状況を想像してみて下さい。大切な資産を意思通りに分配できず、修正しようにも本人は既にこの世にない状態。「取り返しがつかない」とは、正にこの状況を指しています。

今回はそんな「遺言の有効性」について解説。各遺言方式をご紹介しようと思います。

通常の遺言書 には、

〇 自筆証書遺言
〇 公正証書遺言
〇 秘密証書遺言

の合計3種類が存在します。いずれの遺言も厳しい要件が定められており、有効性が認められるためには「正しい書式」を意識する必要があります。

手軽だけど難しい「自筆証書遺言」

自筆証書遺言は文字通り、自身で筆記・捺印した遺言を意味しています。筆記用具さえあればどこでも制作できる上に、費用はかからず手続きも不要です。

ただし、自筆証書遺言は

1、全て自分で書いたものであること
2、自筆署名に加えて捺印があるもの
3、日付が書かれていること

を満たしたものでない限り、家庭裁判所に有効性があると認めてもらえません。また、この方式は専門家を介さないせいかミスが生じやすく、後々紛争の火種となることも多い書式です。

予算に余裕があるならば、少々のコストを厭わず、他の方式を採用した方が良いでしょう。

安心と信頼の「公正証書遺言」

公正証書遺言は、ひと昔前にドラマで話題になった「公証人」を利用して制作する遺言です。作成そのものはプロである公証人が行ってくれるので、書式の不備が生じにくく安心できる方法の1つです。

また、公正証書方式で作成した遺言は、原本を公証役場で保管します。紛失や遺失のリスクも限りなく低く、保管に不安がある場合もオススメできる方法です。

ただし、公正証書遺言は相続予定資産が増えるほどに高額になる上、作成にあたって証人2名が必要。遺言の情報が漏洩してしまう可能性は否定できません。

誰にも知られずしっかり保管「秘密証書遺言」

秘密証書遺言は、自筆証書同様に自身が署名・捺印した証書遺言を、立ち合いのもとに公証人役場に預ける方式です。

全部分を自筆しなければならない自筆証書と比べて、秘密証書遺言の場合はPCや代筆も可能です 。当然、自筆証書遺言ほど作成に手間はかかりません。また、証人の立ち合いは保管時のみなので、作成した遺言内容を知られてしまう心配もありません。

ちょうど、自筆証書と公正証書遺言の中間的なイメージと言えばわかりやすいのではないでしょうか。

ただし、秘密証書遺言は公証人が内容を検分するワケではありませんから、内容不備によるリスクは避けようがありません。この点は注意が必要だと言えるでしょう。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 

こんな記事も読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です