相続にお悩みの方必見!世代別死亡保険金の目安は?

   

死亡保険金の目安設定は、遺された家族の生活に関わる大切な決め事です。

低く設定しすぎて生活に困窮する遺族を見るのもイヤですが、高く設定しすぎて「争族化」するのも避けたいトコロ。一家を守る家長としては、とても頭を悩ませます。

そこで今回は、死亡保険金の目安設定や世代別の特徴をご紹介。これらの問題に対して参考にしていただければと思います。

必要な補償額を導く公式!

実は必要な死亡保険金の導き方には、「公式」が存在します。

まず遺族が必要となるお金を算出し、そこから遺族が自身で稼ぎ出せるお金を引いた金額が、「ご自身の目安となる死亡保険金」です。

死亡保険金の目安となる公式
 〇 遺族が必要とするお金 - 遺族が自力で得られるお金 = 必要保障額

「遺族が必要とするお金」とは?

死亡保険金は遺族の生活を保護することを目的にしたものです。

そのため、必要な保障金額を導くときは、まず「遺族の経済状況」を整理するところからはじめましょう。

特に注意したいのは、お子様が未成年の場合です。通常必要となる「衣住食」に加えて、数々のサポートを必要としています。

未成年に求められる費用の代表例
〇 成人までに必要な進学教育費用
〇 就職や結婚などの慶事 に必要な費用
〇 七五三や端午・桃の節句などの儀礼的費用

「遺族が自力で得られるお金」

遺族に必要なお金を、全て死亡保険金で賄う必要はありません。

特に共働き家庭の場合では、遺族が自分自身で生活を支えるので、必要な死亡保険金は相対的に下がります。保険金を抑えたい時は、収入分を差し引くのも1つの手です。

また、社会保障の薄さが叫ばれる日本ですが…実は様々な公的扶助制度が存在します。ここで全てご紹介することはできませんが、代表例を確認しておきましょう。

公的保険・民間保険の代表例
〇 遺族基礎(厚生)年金 … 遺族に支給される年金
〇 寡婦年金  … 条件を満たす妻に支給される年金
〇 団信加入住宅の債務 … 住宅債務は死亡時に一括で返済される

ライフステージで変化

死亡保険金の目安額は、年齢を重ねるごとに下がります。

あくまで一般的な例ではありますが…

〇 未成年だった子供の経済的な自立
〇 介護が必要だった両親との死別

などなど、時が経つほどに自身が負担すべき金額は減少します。必要に応じて「今かけている保険商品の見直し」も有効な目安設定の1つです。

死亡保険金は資産運用という側面も有しているので、目安額の設定にお悩みの時は、専門家や専門機関への相談をオススメします。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 

こんな記事も読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です