あなたの家も要注意!遺産相続がもめる5つのポイント!

   

遺産相続は生前の財産を次の世代に分け与える、家族を維持するための大切な制度です。ところが、現実には全ての相続が円満に進むとは言い切れず、もめるケースも見られます。今回は、遺産相続がもめてしまう7つのポイントを解説します。

ポイント1:財産目録が不透明でもめる

被相続人の財産が不透明であり、「同居の兄弟が隠しているのではないか?」と疑ってしまう場合が見られます。

当然、疑われた方も良い気がするものではありません。あっという間に、双方に不信感が生まれます。

相続人が取るべき対策は?
被相続人が亡くなる前に、財産目録を明らかにしてもらうことをオススメします。また、被相続人の同意を得て、事前に遺言内容を公開するのも1つの手でしょう。

ポイント2:使い込みを疑いもめる

同じく同居の兄弟などに生じる疑念です。

同居しているのをいいことに、「両親の財産を私有化しているのではないか?」と疑念を持つケースです。

相続人が取るべき対策は?
同居の相続人が、両親の財産と自身の財産を分割して管理することが大切です。

また、被相続人が作成した財産目録により、隠匿資産がないことを明らかにすることもできます。

ポイント3:不動産相続でもめる

相続相談の中で、最も多いのは不動産にまつわるトラブルです。

以前のコラムでご説明した通り、不動産は評価が難しいだけでなく、分割や共有にも困難が伴います。

また、不動産は資産価値も高額。他の相続人たちも、簡単に諦めてくれるものではありません。「もめる要素の塊」と言っても良い存在です。

相続人が取るべき対策は?
どうしても合意が得られない場合は、専門機関や専門家の助言を受け、解決を目指すことをオススメします。

不動産の問題は非常に複雑なので、お互いの合意が得られるように、第三者の評価を求めるべきです。

ポイント4:不公平な遺言でもめる

「兄が全ての財産を相続する」など、あまりにもバランスを欠いた遺言を残した場合、トラブルに発展するケースが見られます。

法定相続人には相応の遺留分が認められているため、たとえ遺言であっても、遺留分の侵害は認められません。

相続人が取るべき対策は?

遺留分は最終的に訴訟でカタを付ける制度ですが、親族間で訴訟問題にまで発展させる必要はありません。

制度の内容を説明して、争うことの利害を説き、自主的に交渉のテーブルにつくよう促す方法も有効です。

ポイント5:配偶者の口出しでもめる

相続間は血族で片付ける問題。余計な姻族の口出しはもめる原因を作ります。

特に兄弟の配偶者同士が不仲な場合は要注意。相続トラブルに感情が加わり、余計収集が付かなくなります。

相続人が取るべき対策は?

配偶者に立場をわきまえてもらうことが一番です。難しい場合は、相続人自身が配偶者を制御し、円満な相続を目指すべきでしょう。

もちろん、被相続人に依頼し、生前に遺言を記してもらうことも有効な対策です。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 

こんな記事も読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です