兄弟姉妹は遺留分制度の適用外!その理由を徹底解説

   

遺留分は、遺言による遺贈や贈与契約によっても侵害することができない、法定相続人に保障された権利です。ところが、遺留分は「配偶者及び子・直系尊属」にのみ認められており、兄弟姉妹には認められていません。

今回は、遺留分制度の趣旨を解き明かした上で、兄弟姉妹に認められない理由を説明しようと思います。

遺留分は法定相続人に平等に与えられるワケではなく、その関係性によって変動します。具体的には「配偶者・子・直系尊属」にのみ与えられるため、兄弟姉妹には遺留分が認められていません。

また、それぞれの遺留分比率も異なります。

〇 配偶者 → 法定相続分の1/2
〇 子 → 法定相続分の1/2
〇 直系尊属 → 法定相続分の1/3
〇 兄弟姉妹 → なし

このように、遺留分は法定相続比率とは別の取扱いが為されています。

上記図表で注目して欲しいのは今回のテーマである「兄弟姉妹」。遺留分はゼロと記載されていますよね。

「兄弟姉妹だけ著しく不利な扱いをされている」と感じた方も多いのではないでしょうか。

そもそも遺留分ってどうしてあるの?

そもそも遺留分は、遺言により第三者に全額の資産が遺された場合などにおいて、「家族の生活を保護する」という趣旨のために作られた強行規定です。

そのため、通常被相続人に依存して生活している「配偶者や子」については特に強い遺留分を認める必要があります。

お父さんが妻そっちのけで愛人に入れあげて、遺産を全額渡してしまった場合を想像すると、イメージしやすいのではないでしょうか。また、直系尊属であるおじいちゃんやおばあちゃんも、場合によっては困るかもしれませんよね。

兄弟姉妹に遺留分がない理由

ところが、兄弟姉妹はどうでしょう。兄弟姉妹は通常は被相続人とさほど年齢が変わらず、経済的にも自立しているもの。資金的に援助を必要としている状況にはありません。

そして、先ほどご説明した通り、本来の遺留分の趣旨は「遺された家族の生活を保障する」ため。兄弟姉妹において、その必要性が認められないのは自明の理です。

結論として、兄弟姉妹に遺留分が認められない理由は、「遺留分の趣旨の対象外にあるから」。ここまで読み進んだ方の多くも、ご理解いただけるのではないでしょうか。

複雑な趣旨の遺留分

遺留分は制度的にはそう複雑ではありませんが、趣旨がわかりにくく、深く考えなければ理解できない部分もあります。

ですが、丁寧にその理由を探って行くにつれ、よく考えられた制度だと感じてしまうはず。相続における不公平感を軽減する役割を果たしています。

ところが最近は高齢化社会の影響もあり、「子に遺留分を認める必要はない」との意見も見られます。この点については今後も議論が進むものと考えられており、今後の展開に注目が集まっている論点です。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 

こんな記事も読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です