家族信託における贈与税はいったい誰に課税されるのか?

   

今回は家族信託における贈与税が、いったい誰に課税されるのかについて、解説を進めようと思います。

結論から言うと「受益者」に課税されることになるのですが、家族信託の場合は委託者から受託者に財産が移転するため、少々腑に落ちない部分もありますよね。

贈与税の性質と家族信託の取扱いを分析し、このあたりの理屈を解き明かそうと思います。

贈与税は「利益を受ける人」に課税される

通常、贈与契約により財産の移転が行われた場合、「財産を受け取った人(受贈者)」に対して納税義務が生じます。

多くのサイトではこのように記載されているため、ついつい「財産をもらった人が納税しなければいけないんだな」と考えてしまいますよね。

ところが、これは厳密には誤りです。正確に記載すると、贈与契約により「利益を受ける人」に対して納税義務が発生します。

「財産を受け取った人=利益を受け取った人」ではない

通常の贈与契約であれば、「財産を受け取った人」は「利益を受け取った人」。

つまり、「財産を受け取った人=利益を受け取った人」の図式が成立します。受け取った財産は自身のものですから、当然といえば当然の話です。

ところが、家族信託契約の場合、受託者が受益者になるとは限りません。

財産を受け取って運用管理を行う受託者とは別に、受託者が財産を管理することにより利益を享受する「受益者」存在することもしばしば見られます。

つまり、家族信託の場合は両者がイコールの関係にならず、「財産を受け取った人(受託者)≠利益を受け取った人(受益者)」という図式になります。

受益者が納税しなければならない

結論として、納税を行わなければならないのは「受託者」ではなく「受益者」です。

仮に家族信託において受託者に納税義務が生じるとすると、受託者は自身が利益を受けるワケでもないのに、贈与税を支払わなければならないという不思議な図式が生じます。

日本の税制は「受益者負担の原則」という考え方を取っており、税金を納める時は原則として「実際に利益を受ける人」が納税を行わなければなりません。

この考え方に則ると、やはり家族信託の際の納税義務は「受益者」にあるべきです。

なお、委託者=受益者の場合は、受託者に対する形式的な財産の移転が生じても、贈与税の問題は生じません。これも日本の税制の考え方に則ると、当然の話だと言えるでしょう。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 

こんな記事も読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です