仲良し兄弟が一挙に破綻!相続トラブル3つの要因

   

兄弟間の相続争いは、、財産をめぐるトラブルの中でも特に頻度が高い事例です。

子供の頃は仲良しでも、大人になり経済的に自立すると事情が別。「お金に困っている」、「差を付けられるのが許せない」など、様々な要因で反目が生じます。

また、兄弟は親子間と比べて関係性が薄く、成人したら他人も同然という方も。こうした事情を考慮すると、相続トラブルが頻出してしまうのは当然です。

そこで今回は、兄弟で相続トラブルが起きてしまう主要3点をご紹介。争いを避け円満相続へと繋がるヒントを探り出そうと思います。

兄弟間の相続トラブル1:遺言

現代社会や民法は、原則的に兄弟間を平等に扱うよう求めています。

ところが、これはあくまで原則に過ぎず、「長男が全てを相続すべき」、「親不孝者には相続させたくない」といった考えから、偏った内容の遺言を記すケースも。

家庭により考え方は様々ですが、こうした遺言の内容により「自分が冷遇された」と感じる方も少なくありません。

特に遺言の内容を明らかにしないまま亡くなった場合、こうしたトラブルは頻出します。

兄弟間の相続トラブル2:介護

日本の少子高齢化社会において、介護負担は半端なものではありません。

特に自宅介護となると、食事に入浴、着替えや通院など…様々な負担を強いられます。また、高齢になればなるほど精神に疾患を抱えるケースも多く、介護人にとって非常に辛いお仕事です。

遺産相続においては、こうした介護がトラブルの火種となるケースも少なくありません。

〇 大変な思いをしたからそれだけ相続はもらうべき
〇 遺産と介護は関係ない。平等に分けるべき
〇 同居して経済的負担が小さいから、むしろ介護人が譲歩すべき

どれが正しいかは別にして、様々な考え方が兄弟間の論戦を呼びます。

兄弟間の相続トラブル3:不動産

相続財産の大部分が不動産である場合、特にトラブルは頻出します。

不動産はその性質上、平等な分割が非常に難しい財産です。立地条件や周辺環境の変化に伴い常に価値が変動する上に、見る人によっても価値が変化します。

売却して現金を分割する手法もありますが、自宅などの場合は現に住んでいる人が出て行かなければならず、不利益を被ります。

共有するにしても意思決定に支障が出るのは必定で、代変わりすると親族間も疎遠に。いずれにせよ、不動産がある限り平等は難しいと考えましょう。

兄弟で相続分に争いの余地がある場合、できるだけ円満に相続できるよう協議を進めたいところです。

無料カウンセリングのご案内

ご自身や配偶者、お子様に相続税の負担が生じるのか、概算であれば相続税納税額を即日または翌日にお伝えする事も可能です。ご希望がございましたら、概算納税額を参考に、不動産・保険を活用した節税や納税対策のご提案のほか、遺言書作成による相続時のトラブル予防などのご提案へと話を進めてまいります。 カウンセリングは一切無料なので、お気軽にご相談くださいませ。
 

こんな記事も読まれてます